植木の剪定を成功させるためのポイント

家を購入して十数年経ちました。
 家の購入と共に、ガーデニングに凝りだして、庭に植えた木の苗もだいぶ大きくなりました。

 毎年剪定をしないと、一年でだいぶのびてしまします。
 剪定の経験も豊富になってきましたので、剪定に成功するポイントを紹介したいと思います。

 ポイント1
 まずは剪定したい木を眺めましょう。
 自分がどんなふうに樹木を仕上げていきたいかイメージする事が大切です。
 私は月桂樹の樹を丸くスタンダード仕立てにしたいとイメージしました。そのためには丸く仕上げる高さを想定して、幹の下の方の枝は落として行きます。上にのびきった枝をカットして丸くなる事を想定しながら剪定します。
 二年ほど剪定を行えばまあるいスタンダード仕立てに仕上がります。後は毎年円形の中の枝葉を揃えていけば密度の高い丸い形が出来上がっていきます。
 
 注意点としては、樹木によって自然体で延びた時の樹形が決まっていますので、本やネットなどで樹木の樹形を調べておきましょう。樹木の樹形に合った範囲で仕上げたいかたちをイメージすることが失敗しないコツです。

 ポイント2
 作りたいかたちのイメージができたらそのかたちを実現するために必要な道具を買いましょう。
 ホームセンターに行けばいろいろなハサミや、電動カッターが売っています。
 道具を揃えることも剪定を成功させるポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です